前へ
次へ

鍼灸治療に関することを

鍼灸治療では問題がある患部やツボに鍼や灸を用いて刺激を与えます。こうすることによって、人が本来持つ自然治癒力を高めることができます。鍼や灸の刺激によって、免疫力を高めることもできます。怪我の予防まで行えるのが鍼灸治療です。人の体には361箇所のツボがあると言われています。この部分を刺激すると、様々な不快症状を緩和でき、免疫力を高めることもできます。ツボの大きさは一般的に500円玉ほどと言われています。その範囲で適度な刺激をするのが鍼灸治療です。鍼灸治療を受ける時は、針を用いて、皮膚や筋肉の組織に微小の傷を付けます。傷を付けると傷を修復するため細胞が活性化されます。それによって自然治癒力と免疫を高めるのがこの治療です。体の不調がある時にはこの治療を受け人は多いです。体の不調を上手く治すには、どのツボを刺激するかを決める必要があります。ツボへの刺激によって体の不調が良くなるのはとても有益です。

Page Top